【日本の宗教信者数は1.8億人?!】ゼロからわかるキリスト教【感想要約】

こんにちは!

皆さんは宗教の知識がどれくらいありますか?
「キリスト教、仏教、イスラム教くらいはわかるけど、それぞれの特徴はわからない・・」
「どれも聞いたことあるけど、キリスト教はザビエルが持ってきたことくらいしかわからない・・」
こういう方が多いのではないでしょうか。
私も宗教学は学ぶ機会がなかったですし、興味が全くなかったので知識もゼロでした。

ある日「バーフバリ」というインド映画を観たことがきっかけで宗教について調べてみようとおもいました。

そこでブックオフで手に取った「ゼロからわかるキリスト教」を読んだ感想、内容をまとめていきたいと思います。
この記事を読むとこの本に何が書かれているか、要約が読めます。

内容まとめ: キリスト教だけでなく、宗教とは?神とは?様々な偉人の考えを講義式に説明

内容を読んでみると、キリスト教だけでなく、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教、無神教、共産主義、資本主義について触れながら学生に対し講義している様子を文字に起こしたもののようでした。

また2015年のイスラム教過激派組織ISISによる湯川遥菜さん、後藤健二さん殺害事件についても、後藤さんがキリスト教プロテスタント信者であったことからどのような思考で湯川さんの救出に向かおうと考えたのかを考察しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です